たまに文字打ちたくなったら打つブログ

中途半端なオタク女の日常と黒歴史を漫画で更新しています。 主に内容はネトゲ(オンラインゲーム)をやっていた頃の話とネトゲがきっかけで始まった恋愛話、日常話、たまにLINEスタンプの事を描いています。

中途半端なオタク女の日常と黒歴史を漫画で更新しています。
主に内容はネトゲ(オンラインゲーム)をやっていた頃の話とネトゲがきっかけで始まった恋愛話、日常話、たまにLINEスタンプの事を描いています。

カテゴリ:ネトゲの重い出 > ネトゲでの友人の浮気

これはブログを書いておりますyuenの昔昔のお話です…。実話に基づいたフィクションです。
人物名、内容は実際のものと少し変えております…。
時系列はバラバラになりますが…よろしければお読みください…(^ ^)

omoide

ネトゲの重い出1

登場人物
見てはいけないものを見てしまった気分
N氏のスカイプっていつも都合悪いときに来てた笑


ネトゲに関してのゴミみたいな思い出をたまに思い出して描こうと思います。
誰が興味あんねん!

誰の物まねかわかりますか?

ヤナギブソンさんです。

続きます


----------------------------------------------------------------------------------------    

クリックしていただけると、少ない私のやる気があがります!多分!
↓↓↓




にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

読者登録お願いいたします

           


07253d23    

前回の記事

登場人物

本人から告げられる
聖職者?どこが?




遠距離って燃えるんですかね?

私の頭にかぶっているのはかなりレベルの低いヘルメットだったと思います。
どうでもいいですね。

続きます

-----------------------------------------------------------------








ブログランキング・にほんブログ村へ



 読者登録お願いいたします




07253d23    

前回の記事

登場人物

邪魔してくるやつ


スカイプで言いたいことも言えない世の中って本当ポイズンだよね。
まぁことごとくこの人たちってタイミング良く(狩中に)スカイプ入れてくるんですよね。
無視しててもネトゲにログインしてるからパソコンつけてるのわかっちゃうっていう…( ^ω^)

何でもかんでも気軽に頼める人って何なんでしょうね。
逆に何でもかんでも引き受けて頑張ろうとする人って何なんでしょうね。

この頃の私は後者でした。

続きます

前回の記事

登場人物


k


l

"お兄ちゃんどいて! そいつ殺せない!”

この言葉知ってます?存じない方は、お暇なときに是非お調べいただけたら
それなりに暇つぶしになるかと思います。
まぁ、事件なのか何なのかわかりませんがこういうことがネットにあがっていたので
焦ったんですよね。Aに何かあったらどうしようって

行く必要なかったですね。
でもちょっと修羅場を見たかったという気持ちも少なからずありました(最低)
護身用によく切れるハサミも持っていってました。

あの頃は結構個人ブログも流行っていたから、ネトゲやっている人ほとんどがほぼ毎日更新してたんですよね
専らネトゲの内容ばかりですが。
私も書いてましたが消しました。多分消したと思う…
N氏のブログは…もう見ていると可哀想で可哀想で…
N氏がAよりも可愛くて素敵な女性と幸せな生活を送っていることを願います。
まぁ2回しか見たことないのでN氏がどういう人間かは把握はできていないのですが。

逆にAのブログはSさんと付き合うことになり、幸せアピール記事が更新されていったことは
まぁ、言うまでもないですね…

続き



前回の記事

登場人物

m


これから大事なことを言いますね。本当に。


学生時代にネトゲはしないほうがいいですよ。

本当。
しくじった人間が居ますからね。ここに。
私のような人間は増えてほしくないものです。

元々勉強嫌いで世界史のテストなんか最下位の点数とる人間でしたので
ネトゲにハマらなくても受験には失敗していたかもしれませんが。

ネトゲにハマらなければ。Aと友達にならなければ
1年無駄にすることはなかったのに。
そういう事を考えてしまうことは何回かありました。

ネトゲの世界観に惹かれていたのは事実ですし楽しかったのは楽しかったです。
でも貴重な時間を月々2000円使って浪費していたのですよね。
まぁそのお金も親から貰ったお小遣いという…
働いて自分で稼ぐお金でならネトゲはいいかもしれませんね。

志望校に落ちたyuenですが
ここでネトゲを辞めるわけではありませんでした。
今振り返ればこのタイミングで辞めることもできただろうと思うんですが…

続き


↑このページのトップヘ